ヒアロディープパッチとアイキララ

ヒアロディープパッチはもともと目尻の小じわを改善するために作られたものですが、目の下のクマに効果があるという事で、目の下にも使っている人がいます。

 

 

一方で、目の下のクマ対策といえば、アイキララが知られていますが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか?

ヒアロディープパッチとアイキララの違い。

ヒアロディープパッチとアイキララの違い!使い分けが目の下ケアにはベスト!

ヒアロディープパッチは目の下のクマに使う場合には、ヒアルロン酸で作られた針を角質層に注入することによって目の下をふっくらとさせる事ができます。

 

 

その結果、目の下のクマが改善される事になります。

 

 

 

一方で、アイキララもまた目の下のクマの部分をふっくらとさせる事で改善させることができますが、アイキララの場合はビタミンC誘導体の一種であるMGAという成分によって、目の下の皮膚の内側に働きかけてコラーゲンの生成を促進する事で、目の下をふっくらとさせて、クマを改善させていきます。

 

 

どちらも目の下にクマをふっくらとさせる事で、目の下のクマ対策ができるのですが、ヒアロディープパッチとアイキララではそのアプローチが違うんですね。

 

 

ヒアロディープパッチはヒアルロン酸を注入する事で目の下をふっくら。

 

 

アイキララはMGA(ビタミンC誘導体の一種)でコラーゲンの生成を促す事で目の下をふっくら。

 

 

この2つを比較した場合の効果の違いとしては、

 

 

 

ヒアロディープパッチには即効性があるがアイキララには即効性がない、と言えます。

 

 

 

さらに持続性については、ヒアロディープパッチには持続性はないが、アイキララには持続性がある、と言えます。

 

 

 

ヒアロディープパッチ、アイキララで目の下のクマ対策をする場合は、理想としてはヒアロディープパッチでとりあえず即効性のある効果をだして、アイキララで持続性のある効果を発揮していくのがべスト。

 

 

 

ヒアロディープパッチをスペシャルケアとして1週間に1回使い、アイキララは毎日使う、予算の都合もあると思いますが、この使い方が一番理想的ですね。

 

 

 

ただし、目の下のクマの種類には注意が必要です。

 


ヒアロディープパッチもアイキララにも茶クマに対しては効果がない?

ヒアロディープパッチにしても、アイキララにしても購入して使う前には、目の下のクマの種類はチェックしたいところです。

 

 

というのも、目の下のクマの種類には茶クマ、黒クマ、青クマの3つの種類がありますが、このうち、茶クマはメラニン色素によるシミの一種だからです。

 

 

ヒアロディープパッチにしても、アイキララにしても美白効果はありませせん。(厳密にいえば、アイキララには多少の美白効果があります。美白成分であるビタミンC誘導体の一種のMGAを使用しているため。ただし、一般的は美白化粧品と比較した場合、ビタミンC誘導体の使用方法が異なるので、美白化粧品としての高い効果を期待するのは難しいのが実際のところ。)

 

つまり、ヒアロディープパッチにしても、アイキララにしても茶クマについてはあまり効果を期待しない方が良いですね。

 

 

黒クマはたるみが原因で、青クマの血行不良が原因なのですが、この2つのクマはヒアロディープパッチやアイキララで目の下をふっくらとさせる事で改善が可能ですが、茶クマは目の下をふっくらとさせても、メラニン色素自体がなくなるわけではないので、基本的には改善されないんですね。

 

 

ただ、目の下のクマは、茶クマや黒クマ、青クマのそれぞれの原因が重なっている場合も多いので、少しでも目の下のクマを改善したい、というのであれば、ほとんどの人はヒアロディップパッチ、アイキララを使う事で改善が可能と言えますね。

 

 

 

ヒアロディープパッチ公式通販サイト↓↓↓

 

 

アイキララ公式通販サイト↓↓↓