ヒアロディープパッチは目の下のクマに効果があるか?

ヒアロディープパッチは目の下のクマには効果があるのでしょうか?ヒアロディープパッチを貼って肌がふっくらとするのであれば、効果があるような気もしますよね。

 

目の下のクマには3種類あります。茶クマ、黒クマ、青クマ。これらの3つの種類のなかでヒアロディープパッチの効果があるのは、茶クマ以外の黒クマと青クマです。

 

ヒアロディープパッチの茶クマに対しての効果

茶クマはメラニン色素によるシミが原因ででてくるものですが、この茶クマを消そうとするには美白ケアが必要。

 

 

ビタミンCなどのメラニン色素を還元したり(消したり)、新たに発生するメラニン色素を抑制する成分が入った美白化粧品を使わないと茶クマのケアはできません。

 

 

ですので、保湿ケアを中心にしているヒアロディープパッチでは茶クマに対して効果を期待するのは難しいですね。(肌のターンオーバーが促進されて、その結果肌からメラニン色素が排出されるという意味では、長期に使えば効果があるともいえますが。)

 

 

ヒアロディープパッチの黒クマに対しての効果

黒クマができる原因は、目の下が年齢などによって、肌の真皮にあるコラーゲン、エラスチンが減少し、ハリや弾力が低下する事で目の下がたるみ、でてきてしまうものとです。

 

 

目の下の皮膚が薄い人は、特にたるみやすいです。

 

そして、目の下のたるんでくると、凸凹ができ、その陰が黒クマとなって見えてきてしまうのが黒クマなんですね。

 

ヒアロディープパッチではヒアルロン酸で肌を保湿する事によって、肌をふっくらとさせる事ができますが、そのふっくらとさせる効果によってこのたるみを改善する事が可能です。

 

ですので、ヒアロディープパッチは黒クマに対しては一定の効果があると言えますね。

 

 

ヒアロディープパッチの青クマに対しての効果

青クマは、寝不足が続いたり、スマフォやパソコンの使い過ぎによって、目の下の血行が悪くなることでてくるクマです。

 

血行が悪くなると、本来であれば排泄されるべき老廃物がだんだんと溜まってきます。その結果、滞った血管が目の下の薄い皮膚から透けて見えてしまい、クマとなります。これが青クマです。

 

青クマを改善するためには、マッサージなどによって目の下を流れる血流を改善する事が最も効果的な対処法ですが、ヒアロディープパッチによっても改善は可能です。

 

ヒアロディープパッチは、黒クマのところでも述べたように、ヒアロディープパッチを貼ったところを保湿によってふっくらさとさせる事ができます。

 

青クマができやすい人は、皮膚が薄いことで血管が見えやすくなっている事が多いです。その薄い皮膚をふっくらとさせることで青クマは改善できるので、ヒアロディープパッチは青クマに対しても効果が期待できます。

 

ただ、青クマの本来の改善方法はあくまでも血流を改善することになるので、それと並行してヒアロディープパッチを使うのが理想的ですね。

 

 

ヒアロディープパッチ公式通販サイト↓↓↓